読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初心者が振り返る今年のキャンプと来年の計画

趣味

f:id:nepinepikun:20161021204810p:plain

今年は新たな趣味としてキャンプを始めました。きっかけは1つのブログ記事です。

ロマン溢れるキャンプのススメ&おすすめの「キャンプ用品」を一挙にまとめてみた - Literally

 

当時はそれほどキャンプに興味がなかったのでキャンプ用品に関する記事を熟読する理由はなかったはず。ただ、読み終えたときに無性にキャンプを始めたいと思いました。

すぐに妻に記事をLINEをして家族会議。ぼくなりにキャンプの素晴らしさを説く…

結果的にキャンプ道具を買い揃える許可が下りたので、Amazonでキャンプ道具をポチポチ。ほとんど上の記事から買い揃えたのですが、思ったよりもお金はかかりませんでした。

本当に続けるのかわからなかったので、取り敢えずお金をかけずに始められたのは嬉しいところです。

一度買い揃えてしまえば、年単位で使い続けられるコスパの良さもキャンプのいいところだと思います。

 

随分と寒くなって今年はもうキャンプに行くことは無さそうなので、少し自分のキャンプを振り返りながら記事にしてみたいと思います。これからキャンプを始めて見ようかな?と思っている人の参考になれば嬉しいです。

(ちなみにキャンプとはちょっと違うけどツリーハウスに宿泊する予定はあります)

 

 

 

最初に用意した道具

f:id:nepinepikun:20161021215537p:plain

 

キャンプを始めるにあたって用意した主な道具を紹介。と言っても、ほとんど記事冒頭で紹介した記事で紹介されているものと同じですが…

 

テント

f:id:nepinepikun:20161021200750p:plain

ドン・キホーテで安いと書いていたので実際に行ってみると1万円くらいで5~6人用のドーム型テントが売っていたので買いました。実際に快適に使えるのは3~4人までかな?と思いますが、普通に使えます。コスパ良し。

 

 

タープ

足を広げるだけで設営出来る便利なタープテント。無くてもキャンプはできますが、絶対にあったほうが良いと思います。キャンプ以外のシーンで活躍することも多いです。付属のサイドシートもジッパーで簡単に取り付け可能です。

 

 

ダッチオーブン

f:id:nepinepikun:20161026232614p:plain

f:id:nepinepikun:20161026232716p:plain

ダッチオーブンがあるだけで一気にキャンプ感が増すような気がします。夕飯では丸鶏をワイルドに焼いて、朝食ではピザを焼くのがお気に入り。

始めて使ったときは丸鶏が炭になっていたのもいい思い出です(笑)

 

 

 

ファイヤグリル

多くのキャンプ場は直火が禁止なので必ず用意しておいた方がいい道具の1つ。ダッチオーブン料理を作るときも使えるだけでなく、普通にBBQグリルとしても使えます。

ただBBQグリルとしては少し高さが足りないです。

 

 

食器セット

プラスチックの食器セットがあると何かと便利です。洗いやすいしコンパクトにケースにしまえるのも良いところ。紙コップや紙皿はゴミが出るのでオススメしません。

 

 

他にも寝袋やランタン、炭を掴むトングなど細かいものも主にAmazonとドン・キホーテで購入しました。多分、初期投資は10万円弱だったと記憶しています。

最低限の道具を揃えるだけでかなり快適なキャンプを行うことができるはずです。

 

 

今後、購入したいキャンプ用品

お金をあまりかけずに始めることが出来たキャンプですが、本格的に続けていきたいので少し道具を揃えたいと思っています。

そこで来年のシーズンが始まるまでに購入したいキャンプ用品を紹介したいと思います。

因みに僕が目指しているキャンプのスタイルは、出来る限り最小限の荷物で料理とテント泊だけを楽しむようなシンプルなキャンプです。これはキャンプに行ったとき、そんな感じのキャンプをしている方がいて、単純にカッコいいな…と思ったからです。

 

スノーピークのテント

Amazonや楽天でも人気のあるスノーピークのエントリーモデル。値段も手頃で個人的にはデザインもカッコいい。写真を見る限りだと少し高さがないようにも見えるけどどうなのかな?

 

スノーピークのチタンマグ

最小限の道具でキャンプを行う変わりに小さな道具にこだわってみたいなと思っています。これまでプラスチックのコップで飲んでいた朝コーヒーをお気に入りのマグで飲みたい…

 

ユニフレームのファイアグリル

 

他にも欲しい物が増えたら随時追記していきたいと思います。

他にもコレがあると便利だよ!!ってアイテムがあったらツイッターからでも教えていただければ嬉しいです。 

 

 

今年のキャンプを振り返る 

f:id:nepinepikun:20161024222804p:plain

今年は3回家族キャンプに行くことが出来ました。1回目は知人に教えてもらった無料のキャンプ場に行きましたがここが凄く良かった。

本当に最低限の設備でトイレと炊事棟しかない場所です。でも凄く綺麗に管理されていて、快適に過ごすことが出来ました。何より人が少なくて静かなのが良かったです。

 

初めてのキャンプ料理はカレーライス…家で簡単に作れるカレーライスもキャンプだとなかなか手間がかかる料理です。スイッチひとつでご飯が炊ける炊飯器もガスコンロもありません。わざわざ炭を起こして飯ごうで米を炊く…そんな「面倒」こそがキャンプ料理の醍醐味だと思います。

f:id:nepinepikun:20161024225525p:plain

 

f:id:nepinepikun:20161024225645p:plain

 

f:id:nepinepikun:20161024225724p:plain

ファイアグリルを使ってカレーライスづくり。飯ごうで炊いたご飯は少し固めでしたがカレーと良く合いました。

 

1回目のキャンプが凄く気に入ってもらえたようで、家族からは「次はいつ行けるかな?」と聞かれることが多くなりました。そこで連休を利用して2回目のキャンプへ。

その時に利用したのは結構有名な人気のあるキャンプ場。少し高めの利用料でしたが、それに見合った設備で綺麗な川が近くにあって渓流釣りを楽しめるだけでなく、その他のアクティビティも充実していました。

テントサイトには電源も用意されていて、その他にも便利な売店や設備が多数用意されていました。

ただ、人気のキャンプ場だからか…近くのバンガローエリアを利用していた若い男女のグループがかなりお酒を飲んでいて、遅い時間まで騒いでいたのが残念でした…

 

キャンプ場自体は素晴らしかったので、もう少し人が少ない時にゆっくりとキャンプ出来たら良いなあ…なんて思ったり…

 

 

そして、今年最後のキャンプは妻の希望で最初に訪れたキャンプ場へもう一度行きました。2回目に利用したキャンプ場と比べると殺風景とも言える程のシンプルさ。芝生のオートサイトにトイレと炊事棟があるだけ…

 

でも、だからこそキャンプを楽しめるんだと感じます。キャンプはそれ自体が最高のアクティビティで、そこに余計な遊具や設備は要らないんだなと気付かされました。

それに芝生のテントサイトとトイレ、炊事棟は変わらず綺麗に管理されていて、訪れているキャンパー(って呼ぶのかな?)達も純粋にキャンプを楽しんでいる方達でとても静かで本当に最高でした。

 

こんな感じで今年は3回キャンプに行きましたが僕自身が好きなキャンプのスタイルのようなものが見えたと思います。シンプルにテント泊とアウトドア料理を楽しむ。僕はそんなキャンプが好きなようです。

 

なにより自分が楽しいだけで無く、家族が喜んでくれます。これだけもキャンプを始めて良かったと思います。

家族みんなで苦労しながらテントを準備して、一緒に料理をして自然の中で食べるご飯は最高で、失敗も含めて最高の思い出になりました。

来年も沢山の思い出をキャンプで作っていけたら良いなと思いながらキャンプシーズンを心待ちにしています。